亜鉛って不足するとどうなる?

亜鉛って不足するとどうなる?

亜鉛、亜鉛言うけれど、亜鉛が不足するとどうなるのでしょうか。
亜鉛が不足すると、一番顕著に起きやすいことのひとつに味覚異常があるでしょう。
これは、食事の味そのものが分からなくなるというだけでなく、味そのものが苦く感じてしまう、料理をする人は味見をしても味を感じないので味を濃くした料理を作ってしまうなど、意外とあらゆる影響があります。
料理人や調理を仕事としている人は、仕事の存続の問題にもなりますし、家庭の台所を預かる女性(もしくは男性)は料理そのものの味付けを不安に感じることもあります。
食事は生命維持にも必要ではありますが、こころも豊かにします。ですから、味覚障害は大きな問題です。
この問題が、ここ数年若年層にも現れて来ているそうです。
インスタント食品、レトルト食品で食事を済ませていると、どうしても慢性的な亜鉛不足になります。子供の食事に無頓着な親元で育つと亜鉛不足になることは自然な流れとしてあります。
味覚障害はもちろんですが、身体の成長にも影響を与えることが分かっています。

 

この他にも、アルコールが強かった人が弱くなったり、ストレスを以前より感じやすくなったり、髪質や肌質の変化、視力などありとあらゆる箇所に影響を与えます。