亜鉛が不足するのはどうして?

亜鉛が不足するのはどうして?

亜鉛が不足しているなら、亜鉛がたっぷり含まれているものを食べるか、サプリメントをしっかり取れば簡単、簡単!
そうやって、簡単に解決できることと思っている人もいるようです。しかし、そうは行きません。
それは、亜鉛というミネラルがなかなか手ごわいから。
手ごわいというと、いったいどういうこと?と思われるかもしれませんが、それは亜鉛というものは摂取したからと言って、吸収されるのは半分以下という話もありますし、何しろ吸収そのものを阻害するという成分も多くあるからです。
吸収そのものを阻害する成分の中には、亜鉛と相性が悪いというだけで、その成分そのものは身体に必要なものもあります。
ですから、摂取の方法も気を付けなければなりません。
よく言われるのが、カルシウムや食物繊維、大豆製品と相性が悪いということ。
これらと一緒に摂取すると、亜鉛は排出されてしまうということが分かっているので、時間をずらして摂取する方がいいのです。
もともと吸収がよくない上に、排出されてはたまりませんからね。
例えば、朝食で亜鉛摂取するのであれば、牛乳やヨーグルト、納豆や豆腐、これらのものは一緒に摂らないなどの工夫が必要なのです。
思ったより難しいのです。